外箱や付属品は保管しておこう

ブランド品の買取をしてもらうにあたって、ブランド品そのものだけを持っていけば良いかというと、そういうわけではありません。
外箱や保証書、ギャランティーカード、ショップバックなど、購入したときに付属していたものを一緒に持ち込むということが大切です。
これがあるかどうかによって、査定額に大きく影響してきます。
また、ブランドや品物によっては、こうした付属品が無い場合は買取をしてもらえないこともあります。

保証書やギャランティーカードが付いているものは、特にその存在が重要となります。
ブランド品は、やはり偽物が多く出回っているということもあり、正規品であることを証明しているこれらは必須であると考えられます。
ギャランティーカードは、品物についているシリアル番号と、ギャランティーカードの番号とが一致することで、
初めて本物であると判断されるため、ギャランティーカードを発行しているブランドは、それが無いと買取できないことが多いようです。

ちなみにギャランティーカードが付属しているのは、
プラダのバッグや小物、シャネルのバッグや小物、ディオールのバッグや小物、ブルガリの時計などです。
ルイ・ヴィトン、エルメス、グッチ、ティファニーなどにはギャランティーカードが付属していません。

実は偽物のギャランティーカードが製造されることもあるため、ギャランティーカードが付くはずの無いブランドに付いていたら、
それは偽物であるということですから、どのブランドに付いていて、どのブランドには無いのかということを覚えておくと便利ですよ。

ルイ・ヴィトンには、ギャランティーカードの代わりにメーカー名を刻んだカードが付属しているようなので、
買取の際の査定額アップのためにもそれらは捨てないようにしておきましょう。

外箱や紙袋、保存袋などは、中身のブランド品とは関係無いと思っている方もいるかもしれませんが、
これらにも価値があるため、たとえ購入時点では将来的に売るつもりが無かったとしても、必ず保管しておくようにしましょう。
保存袋に包まれている商品は、それだけで大切に扱われてきたということがわかるため、査定額アップのポイントになりますよ。