人気がある物ほど高く売れる?

ブランド品を買い取ってもらうとき、どれだけ高く買い取ってもらえるかという点は、そのブランド品の状態が良いということはもちろんですが、
それ以外にもブランド自体に人気があるかどうかという点が重要になってきます。

人気のあるブランド品というのは、やはり多くの人が中古でも買いたいと思っています。
そのため、自然と買取価格が高くなってくるのです。
逆に人気が下がっているブランドは、売れ行きも悪くなるために買取価格が下がってしまう要因になります。

では、人気のあるブランドは、どんなものがあるのでしょうか。
比較的時期や季節を問わずに、日本人に人気の高いブランドは、
「ルイ・ヴィトン」「シャネル」「エルメス」「ロレックス」であると言われています。
これらは、ボロボロの状態や使いこまれている物であっても、値段を付けてもらえる可能性があります。

ルイ・ヴィトンでいえば、モノグラムやダミエなどは安定して人気があるために、特に価格が上がりやすい傾向にあります。
しかし、同じルイ・ヴィトンの中でも、モノグラムヴェルやエピのようなカラフルなタイプのものは、
流行によるところが大きいために、価格変動が大きかったり、比較的値段が下がりやすいといえます。

エルメスは、入手自体が困難であることが多いために、どんな商品であっても人気が安定しているといえます。
特にバーキンやケリーは、新品同様であれば定価に近い価格で買い取られることも多いようですし、
使い込んであっても定価の20%で買い取ってもらえることもあるそうです。

このように、人気のブランドであっても、エルメスのようにどの商品も安定した値段であるものと、
ルイ・ヴィトンのように柄やシリーズによって価格が変動するものとがあるために、注意が必要です。

ブランド自体にも流行があり、その流行に合わせて買い取ってもらえば通常より高値で買い取ってもらえることがあります。
たとえば「ヴィヴィアンウエストウッド」は、人気少女漫画である「NANA」で主人公が愛用していたことから人気が跳ね上がりました。
当時は非常に人気が高くなっていたようですが、現在は漫画の連載休止なども影響して、当時に比べると人気が下降気味であるようです。

このように人気のタイミングに合わせて買取してもらうことで、思わぬ値段をつけてもらえることもあるので、
流行を常にチェックしておくということも大切になります。