捨てるなんてもったいない!

最近では「断舎利」ブームで、家にある不要なものを処分したり、無駄なものを購入しないようにしている人が多いようです。
しかし、だからといって何でもかんでも捨ててしまうというのは、なかなか勇気がいる行為です。

特に衣替えのシーズンや、大掃除をしたときなどにクローゼットの奥から出てくる、何年も前に購入したブランドの洋服や、
プレゼントされたはいいけれど趣味が合わなくてしまいこんであったブランドのバッグなどを見ると、
捨てるのはちょっと・・・と思い、結局またしまいこんでしまうというパターンが多いのではないでしょうか。

確かにブランド品は、たとえ趣味や流行に合わなくても、その物の質はものすごく良いため、勿体ないと思ってしまいますし、
元々の価格が高いですから意地を張って手元に置いておきたいという思いもあるでしょう。

しかし、ブランド品は使ってこそ価値のあるものです。
クローゼットの奥にしまいこんでいるだけでは、ただ収納スペースを占拠するだけの邪魔な存在でしかありません。
それではブランド品達もかわいそうだと思いませんか?

ではどうすればいいのか。
欲しがっている人が周囲にいるのであれば、譲ってあげるのも良いと思います。
やはり使用してくれる人の手に渡るのが一番ですし、それが親戚や知人であればより嬉しいことでしょう。

それができない場合は、やはり捨てるしかないのでしょうか?
いえいえ、捨てるなんて勿体ないことはやめてください。
不要なブランド品は、ブランド買取専門店へ持っていき、お金に変えてもらいましょう。

ブランド買取専門店へ持ち込むことで、不要になったブランド品をお金に変えることができるため、
そのお金でまた違うブランド品を購入しても良いでしょう。
クローゼットがスッキリする上に、臨時収入まで得ることができるブランド買取は、利用しない手はありません。

中には、使い過ぎてボロボロになってしまったとか、保証書や外箱を無くしてしまったという人もいると思います。
確かにそういった場合には買い取ってもらえない業者も存在しますが、
査定額は安くなるけれど、それでも買取に応じてくれるという業者も存在するのでご安心ください。
そういった場合は事前に業者に問い合わせておくと良いですね。